HOME > 会社案内 > 歴史・沿革
 
 


1945年 5月 日本カーネルシステム株式会社を大阪市東区に設立登記
1985年 6月 横浜市西区に事業所開設
1986年 1月 本社を東区(中央区)谷町1丁目から谷町4丁目に移転
4月 財団法人電力中央研究所より指定業者登録認定を受理
5月 オムロン株式会社より指定業者登録認定を受理
8月 大阪市より指定業者登録認定を受理
1988年 9月 横浜事業所事務所を拡張
12月 本社事務所を拡張しハードウエア量産体制整う
1992年 8月 全国情報処理産業厚生年金基金に加入
1997年 4月 インターネットに当ホームページ開設
5月 当社ドメイン(kernel-sys.co.jp)を取得
6月 関西電子情報産業協同組合(KEIS)に加盟
9月 社員全員にE-Mailアドレスとパソコンの配布を完了
11月 社内にメールサーバー設置、稼働
1998年9月 インターネットに常時接続開始
1999年 3月 社内サーバ拡充
2000年 3月 本社を中央区谷町4丁目から中央区船越町に移転
5月 太陽電池アレイ模擬電源商品化、販売開始
2002年 3月 横浜事業所を東京都渋谷区に移転、事業所名を東京事業所に変更
PVアナライザ商品化、発売開始
8月 資本金を2,450万円に増資
2003年 5月 太陽光発電・世界展示会に出展
2004年 5月 創立20周年
8月 直流分流出試験器 販売開始
9月 太陽電池模擬電源装置 累計50システム達成
2005年 5月 PVアナライザ(PVA01929)販売開始
6月 PVアナライザ累計300台出荷
交流過電流試験器販売開始
2006年 5月 パワコン動作治具販売開始
10月 第一回世界エネルギー展示会出展
2007年11月 直流地絡検出器 販売開始
2008年8月 パワーコンディショナ評価システム販売開始
12月 電子負荷方式PVアナライザ(PVA01930)発売開始
2009年 1月 (独)産業技術総合研究所 九州センターにPV計測システム納入
4月 可搬型太陽電池摸擬電源装置販売開始
6月 「PVJapan2009」に出展
2011年11月 電子負荷方式PVアナライザ「ガンマ600」発売開始
  「PVJapan2011」に出展
2012年7月 新型LC負荷装置販売開始
12月 「PVJapan2012」に出展
2013年4月 リニアMPPT電子負荷発売開始
5月 コンデンサ式PVアナライザ「イプシロン400」発売開始
7月 「PVJapan2013」に出展
9月 「PVEXPO2013」に出展
10月 逆バイアス式PVアナライザ「デルタ600」発売開始
2014年1月 マルチモジュール模擬電源発売開始
5月 創立30周年
6月 コンデンサ式PVアナライザ「イプシロン1000」販売開始
7月 福島支店開設
「PVJapan2014」に出展
9月 電子負荷方式PVアナライザ「ガンマ1000」発売開始
2015年4月 電子負荷+逆バイアス方式PVアナライザ「デルタ1000」発売開始
7月 「PVJapan2015」に出展
8月 「バイパスダイオードチェッカー」発売開始
10月 「三相交流信号発生器」発売開始
2016年6月 「PVJapan2016」に出展
2017年1月 「R負荷装置」発売開始
7月 「PVJapan2017」に出展
9月 「PVEXPO2017」に出展
2018年6月 「PVJapan2018」に出展