HOME > 製品一覧 > LC負荷装置
 
 



  LC負荷装置

画像をクリックして拡大イメージを表示


(SLC12302)  
 
 LCR負荷装置とは

パワーコンディショナの研究・開発用に、系統連系試験に適用する事を目的としたLCR負荷装置です。 「系統連系保護装置等の個別試験方法」で規定された試験等にご使用いただけます。

単相三線式用交流負荷装置で、LC負荷・R負荷としてその他様々な試験に対応します。パソコン制御によって他の計測器や電源と連動した試験設備の構成も可能です。


 特 徴

● 無効電力を1[Var]単位で調整可能
● 定量的に無効電力の進み/遅れを調整
● 付属のソフトウェアか全面デジタルスイッチによる電力値設定が可能(LAN接続により制御)
● パネルメーターでACの電圧・電流・電力を測定し、出力状態をデータとして取得
● 正確な無効電力負荷として、電子負荷ではなく受動素子のみで構成
● 中性点に対し両極にL・Cを接続した構成
● 単相三線式専用(AC200[V])
● 三相で使用する場合は本機を3台使用

※ソフトウェアでLCとRを同時に制御